山田修 戦略経営 経営戦略パンフレット of 山田修 戦略経営 経営戦略

経営戦略 策定指導 山田修 
080-3393-5750  LinkIconyamadao@eva.hi-ho.ne.jp
経営コンサルタント (有)MBA経営 代表取締役

「戦略カードTMと5つのステップ」
     で具体的に指導!
「課題解決型の戦略策定法」
     で立てられる!

yamada osamu.jpg
戦略策定指導・山田式が頼られるワケ

・ 誰でも立てられる: 策定するメソッドが確立しているので管理職なら誰でも部門戦略を立てることが出来ます。
・ 技法が残る: 戦略を一度しっかりした技法で立てると、それは強力な経営力として残ります。
・ 立案メソッドが無かった: 「戦略カードTMと5つのステップ」ほど体系だった戦略策定法はありませんでした。
・ 汎用性に富んでいる: 全社戦略はもちろん、部門別戦略、部長クラスに事業部戦略を提案させるなど、幅広い幹部に対応します。実際の三年中期経営計画の出発点とさせるなどにも使われています。

戦略策定指導を受けた各社の声
・ 戦略とは大きく考えるということを知った!
志の高い人が集まり、刺激があって良かった。講師の皆様の内容も良く、とても有意義でした。ありがとうございました。(森和平、レジオン社社長:介護事業)
・ ライバル社には出させたくない
経営者として支えとなる知識を頂きました。すでに経営判断のスピードの変化を感じます。経営改革を成功され続けた先生のお話は力があり、ほかの参加者の方々からも生きた知恵を学べました。(宗宮保、昭和ゴム(株)取締役)
・ 参加者の意欲を強く感じた
自分で考え、使える戦略を創れた。課題図書からも学び、懇親会でも学んだ。(松田明 松田商工(株)副社長:鉄材加工)
・ 受講生同士でリアルタイムな経験共有
山田先生の経験豊富な実体験に加えて、互いからの学びが大きい。(石井元 IT会社社長)
・ プレゼンも学べた
経営学の視点を持てるようになった。実体験に基づいた講話には信憑性が。末永く続けていただきたいセミナーです。
(原田清司 製造業取締役)


戦略策定指導の第1人者と言われるワケ
・ 6社で社長 20余年の経営実績
外資系企業4社と日本企業2社で社長を歴任。不調会社を立て直し、すべて成長、利益率とも優良会社に変身させた。
業態・業種・親会社の国籍を問わず回復を実現し、「企業再生経営者」と呼ばれた。「経営戦略は『売れる仕組み』と『儲かる仕組み』の構築」の提唱者。
LinkIcon経歴の詳細

・ セオリーも 分かりやすく
MBAに加え経営学博士課程を満了(社長在任中)している。母校サンダーバード国際経営大学院(アメリカ)では1年間准教授。
経営戦略を、自らの経営実体験とセオリーから分かりやすく解説する。
LinkIcon研究歴の詳細

・ 戦略策定法を確立、実践指導card1.png
経営者と経営学者、両方の立場を融合して開発したのが、独自の「戦略カードTMとシナリオ・ライティング」技法。それによる「課題解決型戦略策定法」を指導して、多くの経営者、幹部、次世代経営者を育てた。経営戦略は、経営コンサルタントにも多数伝授し、「SWOTの次は戦略カード」と評される。

・ 圧倒的な指導実績
経営者から戦略策定指導コンサルに転進してから、数百社を指導。中堅、中小、同族などの諸企業が多い。中には創業間もないベンチャー、東証1部上場企業社長まで。
公開型の戦略策定道場「リーダーズブートキャンプ」の主任講師。卒業生社長・幹部約200名。


bookss[1].gif・ 戦略策定指導書が ベストセラーに
20余冊に及ぶ著書、2冊の翻訳書、数多くの経営学論文・記事を著わしている。経営戦略は3冊がアマゾンでベストセラー総合1位、1冊がビジネス書連続5週1位。
近著の戦略三部作は、「経営戦略策定法のスタンダード」と言われ始めた。
LinkIcon著書の紹介




戦略策定指導は中堅、中小、同族、創業各企業に最適
山田が経営した企業の規模感から、上述の各企業に最適な指導、助言が出来る。外部のコンサルに戦略策定を依頼すれば、巨額なフィーとなるが、山田式では自分で創れる。経営者だけでなく、幹部に部門戦略を作らせたり、2代目次期社長候補に策定させることも。部長レベルにチームで策定、発表させることも有用。
LinkIcon5回の指導で戦略が立てられる!

リーダーズブートキャンプTM
第3期 2017年8月より

主任講師 山田修

新 将命 (伝説の外資経営者)photo01.jpg



箱田 忠明 (カリスマ講師)箱田写真.jpg

  • 三人合わせて10数社を経営、延べ社長暦50年。
  • 著作は200冊!
  • 三巨頭講師が
  • グループ討議も直接指導。

戦略策定指導の第1人者が、
「経営者ブートキャンプ」6年の好評、実績を基に
拡大充実の戦略策定実践セミナー!
2017年
第1講 8月26日(土)
第2講 9月9日(土)
第3講 9月30日(土)
第4講 10月14日(土)
第5講 11月11日(土)
第6講 12月9日(土)
第7講 12月23日(土)
各日10:00~17:30

詳細はこちら  LinkIconブートキャンプ第3期




講義録が本になった!
無敵の講師陣 共著
山田修の講演音源
東洋経済新報社 LinkIconアマゾン [ch0]LinkIconフィービー オーディオブック [ch0]LinkIcon電子書籍(楽天) [ch0]
c.gif

「上場請負経営者」 
池本 克之池本.bmp
「ランチェスター戦略・戦う教授」
福田 秀人icon_sr.jpg
特別講師陣
グーグル元社長
村上 憲郎
リッツ・カールトン日本開設初代支社長
高野 登
イー・アクセス創業者
千本 倖生
ビッグホリデー創業社長
岩崎 安利


『残念な経営者 誇れる経営者 ぱる出版

LinkIconアマゾン販売開始! [ch0]

9784827210583.jpg

Chapter 1 反面教師にしたい残念な経営者たち
Chapter 2 事業継承に奮戦する残念な経営者たち
Chapter 3 一目置きたい戦略型経営者たち
Chapter 4 醜い代表交代劇を演じた残念な経営者たち
Chapter 5 これからどうなる? 岐路に立つ経営者

出版記念特別講演会 「こうすれば勝ち残れる経営戦略がたてられる」 6月8日(木) 6月13日(火)

LinkIcon特別講演会「こうすれば勝ち残れる経営戦略が立てられる」





経営戦略は、課題解決型の戦略を走らせる!
「戦略カード」TM
LinkIcon1,500円 (300枚) ご購入お申し込み [ch0]






作った経営戦略は、発表しよう!
「発表用スライド作成テンプレート」(パワーポイント版)
LinkIcon無料ダウンロード・サイト [ch0]




yamada osamu.jpg








山田 修氏
『残念な経営者 誇れる経営者』 
出版記念 戦略特別講演会 
「こうすれば勝ち残れる
経営戦略が立てられる」
(リーダーズブートキャンプ第3期 説明会つき)
第1回 2017 年6月8日(木)15:00~16:45
第2回 2017 年6 月13 日(火)15:00~16:45
 会場:東京駅徒歩5分,参加者にご案内
 参加料:5,000 円
(ブートキャンプ第3期に申し込まれた場合、参加費に充当)
 定員:各回30 名

★お問い合わせ・お申し込み:
 インサイトラーニング 
TEL: 03-3449-6301
LinkIconお問い合わせ・お申し込み



無題.png間違いだらけのビジネス戦略』
ニュース・サイト「ビジネスジャーナル」で人気連載
LinkIconリンク

images[2].jpgテレビ出演多数
TV朝日「ワイド!スクランブル」などで解説
ビデオ映像6分
LinkIconビデオ映像6分

無題.pngBookスキャンx著者インタビュー
『「戦略」を、より多くの方に知ってもらいたい』
('14年3月5日)
LinkIconリンク

head.gif青山学院大学
国際戦略経営研究学会 発表
戦略的人的資源・組織開発研究部会
「グローバル企業の日本進出戦略と組織革新の実践」
('13年7月3日)

untitled.bmp
「マネジャーは“戦略力”で勝負!こうすれば立案・実践できる」
(’13年4月18日)
LinkIconレポートへのリンク




(前・経営者会報)2011年12月号。

001.jpg「社長のための自分を”ぐんと伸ばす”勉強法ガイド」

5ページ 寄稿



2011年9月(ランチェスター協会)


title_n01.gif
ランチェスター戦略の正統にして総本山が開催する「ランチェスター戦略研究会」。200回記念会で講演。



2011年2月(組織行動研究所:リクルートのシンクタンク)


untitled.bmp「プロ経営者」の育ち方、育て方 研究の対象となった。
LinkIconレポートへのリンク




2010年10月(政懇21DIGEST)
政懇21.jpg『中小企業を伸ばす「繁栄の黄金律」とは』 20ページ
沖縄タイムス 沖縄政経懇話会21での講演要旨





『強い組織のつくり方』 (巻頭論文)

伝統ある経営者の会員組織、清話会が発行している経営雑誌、「先見経済」9月1日号に、巻頭7ページ、表紙も大きく掲載という形で論文を発表しました。

  • 先見経済.jpg



『転換期の視点』 (巻頭記事)

日本最大の研修会社、SMBCコンサルティング(株)の月刊誌、「MIT」の6月号に山田のコメントが巻頭記事として1ページフル掲載されました。

  • CCE20100524_00001.jpg